アドバンスクラスレッスン紹介

コーチの菊地です。

今日は、アドバンスクラスの様子をご紹介いたします。

2月スタートのアドバンスクラスは、現在7名で活動中です。
少人数のため反復回数が多く、中にはたった1ヶ月で大変上達して通常クラスで一歩リードするようになった子もいます。

今日は、そんなレッスンの内容を紹介します。


こちらは、学年ごとに違う重さのボールを、色々な姿勢から投げて「投能力」に注目した練習です。


こちらは、ウォーミングアップの中で色で行動を変える練習で、判断力を養いつつ、低い姿勢で最も大きな力を入れる場所に刺激を入れるトレーニングです。


続いて、どこのクラスでも行っているスラローム走。


アドバンスクラスは、途中にスポンジのハードルを片方ずつ置いて、そこに身体を触れさせないように小刻みな動きを練習します。


できるだけ走る姿勢のまま素早い動きを身に付けます。


こちらはスケータージャンプ。


左右に置いてあるコーンの大きさ分だけジャンプして、片足で着地。そしてマークへタッチを繰り返します。


もちろん、ラダーで神経系トレーニングも欠かせません。
神経系はやらなくなると衰えてしまうので、種類を変えてほぼ毎回行っています。
「走能力」の習得に向けて、基本を着実に行っていきます。


こちらは、現在練習中のホッピング(片足跳び)です。
「跳能力」もバランスよく行っています。


なかなか片足で跳び続けるのは難しく、アドバンスクラスでも苦戦しています。


サッカーも短時間ですが行っています。
「走・跳・投」の基本を大切にしつつ、3月は器用に体を動かせるように球技にも積極的に行います。
この基本で中学校以降の部活でも十分に対応できるようにしてほしいと思っています。


この日は、ドリブル突破からクロスして、ワンタッチシュートを練習。
そして、ゲームを行い終了しました。

4年生以上でご興味のある方は、是非ご体験ください!

おすすめの記事