2022.04.16 U-12クラスレッスン

本日は、U-12クラスのレッスンの様子をお伝えします。


地面からの反発力をもらうためにコーンの上を跳び越えていくリフレクションという練習です。


速く走ると聞くと、「地面を蹴る」という声が聞こえてきそうですが、それは違います。
実は、体をまっすぐにする事で、地面から反発を得ることがポイントなんです。


例えばジャンプ。
つま先が下を向いていないことがポイントです。


また、骨盤を動かすことが出来るかどうかで一歩のストライド(歩幅)が変わります。
今は、ラダーのクロスステップを通して動かす感覚を掴みます。


まずは正確に。徐々にスピードを上げていきましょう!
何事も慌てないことが大切です。


続いては、リングジャンプです。
単に神経を鍛えるだけでなく、6月までは「跳躍」に繋げていく練習へと変化しています。


より高く、より遠くへ跳ぶためにあえてリングの距離間を変えて、跳躍独自のリズムを体に染み込ませていきます。


続いて、初週は50m走のタイムの測定を行いました。
客観的に自己の記録を評価し、私達コーチ陣は子ども達の課題を明確にします。


測定時は、少し緊張したように見えましたが、みなさん実力は出せましたか?
これからのレッスンで様々な内容をお伝えしていきますので、一緒に頑張っていきましょう!

なお、4月末や5月には専門的なかけっこ教室が織田フィールドにて行われます。
こちらは通常のアカデミー内容とは異なり、専門的な内容を細かく行いつつ、実際に50mや100mの測定を行う予定です。
運動会や大会に向けて、かけっこを頑張りたい方は是非ご参加下さい。

おすすめの記事