2022.05.16 U-12クラスレッスン

本日は、U-12 月曜日クラスの様子をお伝えします。
運動会や大会を目前に控えている子供たちも多く、かけっこの練習も本格的な内容となってきました。
今回は、その一部をご紹介します。

まずは、ウォーミングアップに心拍数を高めるための鬼ごっこを行いました。
今回は、タッチの代わりにドッヂビーを投げて当てることになっています。


鬼は複数のドッヂビーを持っているので、投げたドッジビーを拾って追いかけるのか、それとも拾わずに手持ちのドッヂビーを使うかなど、追いかけながら判断する力を磨きます。


続いては、ジャンプの練習です。
前に出した手に足を当てることをイメージしてジャンプ!


上手ですね!
足を動かすイメージを持つことで、子どもはやることのイメージがついて、足が自然と高く上がります。
以前練習していた、ハードルジャンプにも繋がりそうですね。


次は、2種類のジャンプを体験してもらいます。
1つ目は、手を上から振り下ろすと同時にジャンプをします。


手をおろすタイミングと合わせてジャンプ!
できるでしょうか?


2つ目は、手を下から勢いよく振り上げると同時にジャンプをします。


どちらの方が高く跳べると思いますか?
この練習を通して、身体全体を使って跳ぶという感覚を体感しています。
この腕の使い方、速く走る事にも関係がありそうです。


続いては、リングを使った練習です。
リング1つ1つに足を入れ走っていきます。


地面を蹴るように走ると教わることも少なくないと思いますが、地面を押すように走ることが大切だと菊地コーチは言っていました。


アドバイスを基に、地面を押すようにイメージしてチャレンジ!
1度アドバイスを聞く毎に大きく上達します。


最後は、子供たちから大人気のスポーツ鬼ごっこです。
以前までの作戦会議では、役割を決める事が主な内容でしたが、これまでの経験を活かして攻撃の仕方やSエリアの使い方など、話し合いの内容がより戦略的になってきました。


おとりの動きなど味方を活かしたチームスポーツならではの動きが多く見られるようになり、相手の一瞬の隙をつく動きも増えてきました。


最後の感想では、4年生が次の目標となるプレーを具体的に発表してくれました。
次を見据えて考えを発表できることはとても素晴らしい事ですね。

レッスンレベルが徐々に高まっていることを客観的に感じます。
これも、みんなが頑張っている証拠だと思います。

運動会や大会での皆さんの活躍を楽しみにしています!

おすすめの記事