日清カップ東京都大会【前編】

本日は、6/19(日)に行われた日清カップについて【前編】・【後編】の形でお伝えします。
年に1度の大舞台。

会場には、7:00前から場所取りや応援、ウォーミングアップの人が多数。
いかに関心が強いかが分かる朝でした。


電光掲示板も活用されて、本格的な大会の催しです。


選手の熱気以上の暑さの中、到着した選手からゼッケンをつけていきます。


チームのトップバッターは、小学5年生女子100m。
緊張で体が動かない中、しっかりと動かすために念入りに行います。


コーチと一緒にウォーミングアップに打ち込みます。
朝の種目はなかなか体が動かないので、しっかりと目覚めさせることが大切です。覚えておきましょう!


実際のスパイク流し(70~80%のスピードを出して体に速い感覚を身に付けます)を行い、競技へ。


招集所へ行き、スタート前の確認になります。
この日は、向かい風が非常に強く、どのレースもタイムが出ない苦戦する大会。
いかに体をまっすぐにできるか。フォームの良さや体幹の強さが試されます。


緊張感高まる中でスタート!
順調な滑り出しです!


組2着でゴールイン!


続いて、小学5年男子100mと小学4年女子コンバインドCが同時にウォーミングアップ!


かなりの暑さで、日陰を探してウォーミングアップを行いました。


こちらは、小学4年生走幅跳。
なかなか砂場では練習が出来ない中、これまでやってきな跳躍の練習の成果を生かして、思い切りジャンプ!


こちらは、小学5年生100m。
向かい風が強い中、ゴールまで駆け抜けます!


1着でゴールし、全てのレース結果を待ちます。
決勝進出は、全レースが終わり、タイムの速い人8名が進出となります。


続いて、小学4年生のコンバインドCの最初の種目60mもレースへ。


それぞれが各組上位のレースを展開します。


陸上競技を専門にやっている選手達にも引けを取らないレースをしてくれました!素晴らしいです!


先程終わった小学5年生100mにおいて、決勝進出決定!快挙です!
そして、決勝に向けて束の間の休息となります。


応援に来てくれたパパが、午後に向けて、生徒みんなに励ましのグータッチ!
応援されるって嬉しいですね!
午後はどんな状況になるでしょうか?

特に初挑戦のコンバインド種目は、2つの種目の合計点で競います。
まだまだ大逆転ができるはず!と期待を持っています。

そんな【前編】はここまで。

【後編】では、決勝やコンバインドC種目の様子をお伝えします。
お楽しみに!

おすすめの記事